セノビーはドラッグストアで購入できる?公式サイトで買うべき?

セノビーはココアでおなじみの森永製菓が製造販売する、安心でおいしく飲める子供の伸び盛りの成長を支える栄養応援飲料です。

ホットでもアイスでも1日たった1杯で手軽に必要な栄養素をバランス良く摂取できることから人気商品となっています。

セノビーで簡単栄養摂取

成長期のカルシウムの摂取目安は1日700mgから1000mgと大人の必要量である650mgを遥かに凌ぐ量で、それだけ子供の背を伸ばすためには重要な要素です。

その一方で魚や野菜が苦手で好きな物しか食べない子供が急増しており、慢性的な栄養不足が懸念されています。

そんな中でセノビーでは子供が飲みやすいココア味で、成長に必要な栄養素であるカルシウム、ビタミンD、鉄だけではなく100億個ものシールド乳酸菌と近年大きな注目を集めているミルコオリゴ糖が100mgも配合されています。

このようなタイプの飲料はインターネット専用の商品であるケースが多いですが、セノビーは日本全国に販売ルートを持っている森永製菓の商品であることからドラッグストアなどの実店舗はもちろんのこと、数多くのオンラインショッピングサイトで取り扱っているのも特徴です。

参考価格としてはセノビー180g入り約15日分のパッケージが通常価格800円のところ有名ドラッグストアでは750円程度、Amazonや楽天市場では750円から800円程度でそれぞれ販売されています。

セノビーは公式サイトがおすすめ!

その中でも一線を画するのが公式サイトの森永製菓オンラインショップでの販売価格です。

単品販売の他にも毎月定期的に商品が届けられる「定期便」では、2袋セットで通常価格が1600円のところ10%オフの1440円となり、2回目以降は5%オフの1520円とお得な価格で提供されています。

また、キャンペーンページから定期便の「4袋コース」に申し込めば初回価格が3200円のところ2560円となり1袋あたり640円と脅威のプライスを実現するのにつづき、2回目以降でも2880円で1袋あたり720円とトータルで現時点では最安値です。

さらに初回のお届け時には何が入っているのかは届いてからのお楽しみの「森永製菓お菓子詰め合わせ」がプレゼントされるのも嬉しいところです。

以上を総合的に考えれば、2人以上のお子様がいらっしゃる方や大人も一緒に飲みたい場合には森永製菓公式オンラインショップのキャンペーンページから定期便の「4袋コース」を申し込むのが最もお得な購入方法です。

アスミールには副作用の心配はない?

アスミールは子供が大好きなココア味のフレーバーで、アイスでもホットでも牛乳に溶かして1日1杯飲むだけで必要な栄養素を補給して、成長をサポートしてくれます。

これまでに無いコンセプトの飲料であることから、副作用を心配する親御さんも少なくありません。

アスミール

アスミールの成分は?

ここでアスミールに含まれている成分を確認すると、大切な身体作りをサポートする亜鉛を表すZinc、がんばる力をサポートするArginine、タンパク質の補給をサポートし美容成分としても注目のPlacentaの頭文字を取ったZAPバランスで絶妙な成長サポート力を実現しています。

また、吸収しづらいカルシウムをしっかり摂取するために魚骨焼成カルシウム、阻害物質を除去した胡麻ミネラルに含まれているカルシウム、天然珊瑚素材ドロマイトに含まれているカルシウムの3つを配合したトリプルカルシウムが相互に作用して吸収力を最大限に高めて、骨量と骨密度の高い質の良い骨を作り出します。

さらに、通称カルシウム促進剤と呼ばれている天然珊瑚由来のカゼイン・ホスホ・ペプチド、カルシウムの吸収をサポートするビタミンD、学習能力や記憶能力をサポートするDHAと話題の成分を豊富に含んでいます。これらの原材料は全て天然由来のものかつ国内製造で、合成保存料、合成着色料、合成甘味料も不使用です。

アスミールはメディアにも紹介されている

アスミールはさまざまな民放のテレビ番組や新聞、ニュースサイトでも紹介され大反響となったほか、元選手が運営しているサッカースクールへのスポンサードを行っているだけではなく、メディアでも活躍している有名医師や管理栄養士も、その安全性と優れた効果にお墨付きを与えています。

子供向け成長応援飲料のアスミールはこれまでに副作用が報告された例は一切無いのはもちろんのこと、厚生労働省が認可している栄養機能食品です。

もしも何らかの問題があればそもそも栄養機能食品の認可は受けられないため、その意味から言っても安心して子供に飲ませることができる飲料です。

アスミールの販売や公式販売サイトの運営も行っている株式会社イッティのオンライン部門の一番星オンラインショップでは、一番星カスタマーセンターとしてフリーダイヤルやお問い合わせフォームを開設し取り扱い商品に関する疑問や質問を受け付けており、全力でサポートすることが宣言されています。

懸念材料があればそちらに問い合わせて全ての内容に納得してから商品の購入を検討するのもひとつの方法です。