身長には栄養と運動と睡眠のバランスが大切!

子どもの身長を伸ばすためには栄養、運動、睡眠のバランスがとても大切です。

しかし、近年子どもの生活時間は生活環境の変化とともに夜型化しています。睡眠は体を休めるだけでなく、子どもの成長において大きな役割を担っています。

身長には睡眠が大切

身長を伸ばすためには7時間以上の深い睡眠が必要です。身長は成長ホルモンと呼ばれる物質が働くことによって伸びます。

この成長ホルモンが最も多く分泌されるのが午後10時~午前2時の間の睡眠時になるため、質の良い睡眠をとることが子どもの成長には不可欠です。そのため、この4時間が重要なのです。

1日3回の食事

次に栄養についてです。1日3回の食事をきちんと摂り、満遍なく栄養を摂取することが子どもの成長には大切です。

特にタンパク質をメインにカルシウム、亜鉛、マグネシウムをバランスよくとることも必要です。たんぱく質は骨や筋肉などの材料になり、成長ホルモンの分泌を促します。肉類、魚類、卵類、大豆、牛乳がたんぱく質を摂ることができる食品です。

運動も忘れずに♪

最後に運動も子どもの成長に大切です。幼児期から体を動かして遊ぶことでバランス能力や体を上手に動かす能力が高められ、子どもの成長と共に心肺機能や筋力を高めていくことが必要です。

成長ホルモンが多く分泌される時間は運動開始15分後~運動後3時間程度です。

身長を伸ばすためには、なわとびやバレーボール、バスケットボールなどの縦方向に圧力がかかる運動が効果的です。骨を縦に刺激(圧力)することで骨の成長が促され、成長ホルモンも分泌されるので身長アップにつながります。

また、遊びや運動をすることでおなかが減って食欲が高まり、疲労が溜まれば就寝時刻が早まり、規則正しい生活習慣が身につくことにもつながります。そのため室内の遊びではなく、屋外で体を動かして遊ぶことに誘導、興味を満たせるようにすることが重要です。

まとめ

以上のことから、栄養、睡眠、運動は密接に関連していることが分かります。

子どもの身長を伸ばすためには、これらをバランスよく取り入れ、成長ホルモンの分泌を促すことがとても重要なのです。

フィジカルBでは身長は伸びない!?

身長は第一印象やファッション、スポーツなど多くの場面で影響が出るので、少しでも自分の子供は伸ばしたいと思う方は多いです。

しかし、自分の努力すれば必ず伸びるというわけではないので、栄養面や成長ホルモンを促進させる内面のケアが重要です。

フィジカルBで栄養サポート

食事ではバランスよく整えることを続けるのは難しいので、フィジカルBのように必要な成分が詰まっていて続けやすい方法を利用して身長が伸びる環境を整えることは効率的です。

その一方で、そう簡単に伸びないのではないかという不安を持つ方もいるでしょう。

フィジカルBは研究や分析を重ねて、子供の背が伸びるには成長に重要な栄養が一番のポイントと導きだしました。子供の睡眠時間は昔よりも減っていますし、運動の習慣がない子でも最近では背が高い子も増えています。

その背景には食事内容が豊かになったことが挙げられます。そこで背を伸ばすにはバランスよく、成長に有効な栄養を摂取できるドリンクが最適と開発されました。

フィジカルBには1日に必要な95%の量の鉄分やビタミン類も含まれています。

さらに体の機能を正常に動かすのに欠かせないアミノ酸類も9種類も配合されています。成長に欠かせない栄養素がコップ一杯で摂れてしまうので、時間も手間もかからずに続けやすいのも魅力です。

使われているのは世界最古のスーパーフードともいわれるスピルリナで、アミノ酸やミネラルやビタミン類が豊富に含まれています。しかも植物性なので子供の体にも負担がありませんので安心です。

アルギニンは成長には欠かせない

アルギニンはたんぱく質の一種で骨の成長に欠かせない成分です。ほかにもカルシウムも不足しがちなので摂取できるように配合されています。

体の土台を作る成分を多彩に配合しているのでしっかりと下地を作りつつ、その上に強い体を作るので骨も体の作りもパワーアップして身長も伸びるのです。

ただし、子供は個人差が大きいので効果が出るのにも差があります。伸びないという声が時より見られますが、体の下地作りの段階で身長に結果が出ていない状態の時に、早まって結論付けてしまう方もいるようです。

人によっては下地作りに時間を要する場合もあるので、目に見える変化は数か月かかってしまうこともあります。

フィジカルBは飲み続けて、さらに食事や睡眠や運動などもできるだけ健康的に環境を整えることで変化をもたらしてくれます。焦らずに飲み続ける余裕をもって取り組めば次第に体が変わってきます。