両親が小さくても身長は伸ばせる!目指せ180cm超え!

身長は伸びやすい人と伸びにくい人がいて、両親からの遺伝によって影響を受けます。

しかし親からの遺伝が全てではなくて成長期の生活習慣等で身長をできるだけ高くする事ができます。

徹底的に身長を高くする為の努力をする事で両親が小さい人でも180cm超えを目指すのは充分可能です。成長期の時期は人によって少し違いがありますが、おおよそ小学生の高学年から高校生くらいの年代になります。

身長を高くする生活習慣

この時期に伸びていくので、この時期の生活習慣は非常に重要です。

食事

まずバランスの良い食事を摂る事が大切で極端に小食であったり、量は食べていても栄養が偏っていては背を伸ばすのに悪影響が出ます。

バランスよく充分な栄養を摂取できるようなバランスの良い食事を心がける必要があります。

睡眠

睡眠も重要な要素で身長が伸びるのは寝ている時なので、睡眠は身長を伸ばすのに最も重要と言えます。

成長期の時期は成人と比べて少し長めの睡眠時間を摂るのが好ましいので、平均で7時間から8時間ほどは睡眠を摂るようにするべきです。

時間帯はいつでも良いわけではなく、ホルモンの関係上夜間に睡眠を摂る事で発育が促されるので夜に就寝する事も大切です。

運動
食べて寝るだけでなく適度に運動をする事も大切な事です。運動不足の状態だと身長を伸ばすのに不利なので、適度な運動を定期的にする習慣をつけるべきです。

運動は適度に行うのが最適なので、体に必要以上の負荷がかかるような無理な運動をする必要はありません。

体を動かす中で体を柔軟に保つようにするとより背を伸ばしやすい体になるので、ストレッチなどを積極的に行うと良いです。

姿勢

姿勢が悪くて猫背になったり、O脚の状態だとそれだけで身長が低くなって背も伸びにくいので正しい姿勢を保つ事が重要です。

既に姿勢が崩れてしまっている場合は自分だけで矯正するのは難しいので整体などで治療を受けるのも良い方法ですが、普段の生活の中で姿勢が崩れないように心がける事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です