身長には栄養と運動と睡眠のバランスが大切!

子どもの身長を伸ばすためには栄養、運動、睡眠のバランスがとても大切です。

しかし、近年子どもの生活時間は生活環境の変化とともに夜型化しています。睡眠は体を休めるだけでなく、子どもの成長において大きな役割を担っています。

身長には睡眠が大切

身長を伸ばすためには7時間以上の深い睡眠が必要です。身長は成長ホルモンと呼ばれる物質が働くことによって伸びます。

この成長ホルモンが最も多く分泌されるのが午後10時~午前2時の間の睡眠時になるため、質の良い睡眠をとることが子どもの成長には不可欠です。そのため、この4時間が重要なのです。

1日3回の食事

次に栄養についてです。1日3回の食事をきちんと摂り、満遍なく栄養を摂取することが子どもの成長には大切です。

特にタンパク質をメインにカルシウム、亜鉛、マグネシウムをバランスよくとることも必要です。たんぱく質は骨や筋肉などの材料になり、成長ホルモンの分泌を促します。肉類、魚類、卵類、大豆、牛乳がたんぱく質を摂ることができる食品です。

運動も忘れずに♪

最後に運動も子どもの成長に大切です。幼児期から体を動かして遊ぶことでバランス能力や体を上手に動かす能力が高められ、子どもの成長と共に心肺機能や筋力を高めていくことが必要です。

成長ホルモンが多く分泌される時間は運動開始15分後~運動後3時間程度です。

身長を伸ばすためには、なわとびやバレーボール、バスケットボールなどの縦方向に圧力がかかる運動が効果的です。骨を縦に刺激(圧力)することで骨の成長が促され、成長ホルモンも分泌されるので身長アップにつながります。

また、遊びや運動をすることでおなかが減って食欲が高まり、疲労が溜まれば就寝時刻が早まり、規則正しい生活習慣が身につくことにもつながります。そのため室内の遊びではなく、屋外で体を動かして遊ぶことに誘導、興味を満たせるようにすることが重要です。

まとめ

以上のことから、栄養、睡眠、運動は密接に関連していることが分かります。

子どもの身長を伸ばすためには、これらをバランスよく取り入れ、成長ホルモンの分泌を促すことがとても重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です