バッテリーって幾らが相場なの?

一昨日、車のバッテリーが上がったのかエンジンが掛からなくなりました。
JAFを読んで調べてもらったら、バッテリーの寿命が来ているといわれました。確かに新車で購入して5年が経ち、そろそろ6年目に入る車ですから。

仕方なくカー用品店にバッテリーを見に行きました。いろんな種類のバッテリーが置いています。
バッテリーの箱に「N-55」と書いてあり、その違うメーカーのを見ると「42B19R」と書いてある。この2つの違いってなんだろう?
店員に聞き、自分の乗っている車を伝えたら、これですね!と勧められたバッテリー。値段が1万5千円近い。。。高い。

こっちの安いのは?と、8千円位のバッテリーを指差しつつ質問すると、「それはアイドリングストップ車対応じゃないのでダメですね」と。
取り替えても動かないって事ですか?と聞くと、「動きますが、保障期間3年と書いてあっても、それよりも短い期間で寿命が来ます、お勧めしません」とのこと。
高い方を買わせたいからのアドバイスなのか、心の底からのアドバイスなのか。。安いものを買って、再びJAF呼ぶのもお金の無駄だし、安心を買うべきかと悩み、その場では買わず、帰宅。

ネットで調べていたら、店頭で1万5千円していたバッテリーが8千円で売られていました。安い、お店でみたのと同じメーカー、同じ型番。
即決で注文ボタンを押してしまいました。こんな買い方しているから、実店舗を持っている所の売り上げが厳しいのかと思いつつ、同じものなら安い方に越したこと無いと思ってしまう、貧乏精神が優先してしまう私。
さて、2・3日で届くから、届いたら交換作業に入らなくちゃ。