飛蚊症を治すことはできないタイプか

俺は近頃、目の前に虫が飛び回っているのをよく見ている。そのことが気になっていたのですが、ある日、新聞紙にそのことが載っていました。それは、飛蚊症についてのニュースでした。
飛蚊症は、まさに単語のごとく目の前に蚊ものの虫が飛んでいるように見える目線の病のことです。
人の眼球のインナーは卵の白身ものの硝子カラダはで満たされてあり、こういう硝子体の中の繊維や細胞が光の遠慮で面影を作り、網膜に思えるために虫が飛んでいるように感じるのだそうです。
特に近視の人類は眼球が長いパターンがあり、その分硝子カラダ部に空洞ができ易く、その空洞の縁故に繊維などが固まるので、飛蚊症が起き易くなるそうです。生理的に起こる飛蚊症はケアに必要もなく、姿も改善することはないそうです。
 ただし、中には網膜剥離や網膜裂孔位、施術が必要になってくる場合があるので、注意しなければならいとのことです。ただほとんどの飛蚊症はすぐに失明するモウマンタイようです。
 こうした組み立てでしたが、目線の目線に虫かほこりが常に飛び回っていらっしゃるような感じは、大変に不愉快ものです。なんとか直すものはないのかと思いました。ただし失明やるモウマンタイとのことで、意思にはしていますが、眼科をめぐって診てもらう意思にもなりません。売り買いが慌しいので、いくお忙しいというわけをつけて、行かなくなっている。