年末買い出しが復活する日も遠くないかもしれません

24時間365日無休営業と、どんどん過剰なサービスに進展していった小売・飲食業。

しかしここにきて、過労による事件事故が多発し、企業も営業形態の見直しを迫られています。

そんななか、深夜営業や正月3元日は営業しない方針を打ち出す企業も出てきました。

確かに一度便利な思いを味わってしまうと、そのサービスが終了した際なにやらえらく不便になってしまう気がします。

しかし、深夜営業や正月営業がなくなると、生きていかれないほど重大なことになるでしょうか。

そんなことはありません。ほんの数十年前までは当たり前だったことです。

もし正月営業をしない店舗が増えれば、昔のように年末に正月用品を買い込むなんて風習が復活するかもしれません。

ああいうイベントを楽しみにしていたころが懐かしいです。

ぜひまたそういう世の中になってほしいですね。働いている人も正月はほっとひと休みできたらいいなあと思います。