ドラッグストアの化粧品売り場で四苦八苦

最近年のせいかファンデーションについて考えるようになりました。

基本的に下地を塗ってパウダーファンデーションを塗っているんですが、シワが増えたせいかパフで塗るとまだらになるというか肌の調子がよくないのもあるんでしょうけどすっぴんのほうがかえって若くみえるのではないか?という気になります。

ファンデーションが食い込むとシワが深く見えるっていうかね、そんな感じです。

うちはお金がないので(笑)化粧品はドラッグストアで買っているわけです。

さらにチープなちふれを買っているんですが、他のメーカーも見て回ってみるとおしろいが流行っている様子。

お粉をパフパフするわけですね。

赤ちゃんにパフパフするシッカロールではなく、ファンデーションとしてのおしろいです。

ちふれにはおしろいを出していないようですが、他のところはだいたい出していてサンプルが置いてあったので試してみたのですがなかなかいい感じです。

こすらないので無駄に厚塗りにならなそうなところがいいですね。

だから買おうと思ったんですが、実際に買う商品はサンプルの後ろに置いてあるんですが透明なケースで囲われててどうやって取るんだろう?という形状でした。

しかし指を突っ込めば取れそうな感じもあり、がんばってつまんでみようとしましたがだめで、よくみるとどこもそんな風に置いてあります。

この店は売る気あるのか?とちょっと怒りがわいたところで下に鍵穴が見えました。

どうやら店員に声をかけて取ってもらう形式になっているようです。

万引き防止なんでしょうね。

だいぶ四苦八苦して手を突っ込んだのが防犯カメラに写っているのかと思うと恥ずかしくなってきました。

声をかける店員もレジ以外にはおらず、めんどくさいからいいやってあきらめるお客さんは多いことと思いますよ。