ドラッグストアの化粧品売り場で四苦八苦

最近年のせいかファンデーションについて考えるようになりました。

基本的に下地を塗ってパウダーファンデーションを塗っているんですが、シワが増えたせいかパフで塗るとまだらになるというか肌の調子がよくないのもあるんでしょうけどすっぴんのほうがかえって若くみえるのではないか?という気になります。

ファンデーションが食い込むとシワが深く見えるっていうかね、そんな感じです。

うちはお金がないので(笑)化粧品はドラッグストアで買っているわけです。

さらにチープなちふれを買っているんですが、他のメーカーも見て回ってみるとおしろいが流行っている様子。

お粉をパフパフするわけですね。

赤ちゃんにパフパフするシッカロールではなく、ファンデーションとしてのおしろいです。

ちふれにはおしろいを出していないようですが、他のところはだいたい出していてサンプルが置いてあったので試してみたのですがなかなかいい感じです。

こすらないので無駄に厚塗りにならなそうなところがいいですね。

だから買おうと思ったんですが、実際に買う商品はサンプルの後ろに置いてあるんですが透明なケースで囲われててどうやって取るんだろう?という形状でした。

しかし指を突っ込めば取れそうな感じもあり、がんばってつまんでみようとしましたがだめで、よくみるとどこもそんな風に置いてあります。

この店は売る気あるのか?とちょっと怒りがわいたところで下に鍵穴が見えました。

どうやら店員に声をかけて取ってもらう形式になっているようです。

万引き防止なんでしょうね。

だいぶ四苦八苦して手を突っ込んだのが防犯カメラに写っているのかと思うと恥ずかしくなってきました。

声をかける店員もレジ以外にはおらず、めんどくさいからいいやってあきらめるお客さんは多いことと思いますよ。

子どもと過ごすハロウィンは手作りのグッズで楽しもう

ハロウィンは子どもから大人まで楽しむイベントとして毎年注目されるようになりました。

今までハロウィンに興味がなかったという方も、子どもとハロウィンを楽しみたいと思うようになったという方も多いと思います。

ハロウィンというと、仮装をして街中を歩いたりパーティーをしたりと様々な楽しみ方がありますが、仮装もパーティーもお店に売っているものを買って楽しむのもいいですが、100円ショップにある毛糸やアクセサリーグッズ、段ボールや画用を使って手作りの仮装を楽しむのもいいです。

ハロウィンはお化けの仮装をして「トリックアトリート」と言ってお菓子をもらったりするイベントといわれていますが、手作りの仮装グッズやおもちゃも作ってみると楽しいです。

毛糸で毛もじゃのモンスターを作ってみたり、段ボールで大きな口を開けたお化けを作ってみたり、お部屋を少し暗くしてLEDのキャンドルを灯すのもいいですね。

今はLEDのキャンドルも100円ショップで買うことができるのでおすすめです。

画用紙で紙吹雪を作って、子どもたちと遊んだり、風船に入れて風船お化けなんていうお化けを作って遊ぶのも楽しいです。

ハロウィンというとかわいいキャラクターの仮装をしたりするのも可愛くて楽しいですが、このように手作りで楽しむのもいいですよ。

女子だけのお家での晩御飯は楽しい

私は同性の友達というのはとても大切だと思います。異性や旦那では理解し得ない部分。女同士だからこそわかるものがあると思うのです。実際女友達と遊ぶのは大好きですしストレス発散にもなります。おしゃべりも止まりません。

そんな中のある一人とこの前その子の一人暮らしをしている家に行きすき家女子会をしました。

彼女の家に行く前にすき家に寄って牛丼を買い、途中でコンビニでお菓子を買って行きました。

そしてぺちゃくちゃとおしゃべりをしながら二人で牛丼を食べました。

すき家の牛丼はもちろん美味しいですが私は食べる環境でも美味しさが変わってくると思うのです。

その時の牛丼はめちゃくちゃ美味しかったです。

牛丼を食べ終わっても話は尽きることなくお菓子を食べながら膝を崩しゆったりと過ごしました。

彼女が次の日仕事だったので泊まったり夜遅くまで長居することはできませんでしたが、また遊べばいいだけの話なので遅くなる前に帰りました。

外食というのもそれはそれで楽しいですが友達の家でのんびり晩御飯というのもまた楽しいものですね。

今度は旦那を連れて彼女の家で鍋でもしたいなぁと思っているところです。約束があるというのは嬉しいものです。彼女との関係がこの先もずっと続きますように。

中学2年生の娘のバスケの新人戦がありました。

中学2年生の娘のバスケの新人戦がありました。この夏の中学総体では2年生中心のメンバーながら3年生チームをなぎ倒し愛媛県大会ベスト8に入り、そこでも1ゴール差で敗戦と健闘を見せました。今大会は圧倒的な優勝候補で臨みます。

まずは松山市の大会を勝ち進まなければなりません。1回戦は不戦勝で2回戦は過去に何度も全国大会出場の経験を持つ伝統的なチームと対戦。序盤は緊迫感のある攻防でした。相手はボールを持てば早めに仕掛け3ポイントを狙ってきました。

しかしそれに落ち着いて対応してセンターにボール集めてのポストプレイで確実に得点を積み重ね中盤で速攻を仕掛け一気に点差を20点以上に広げました。最終の第4ピリオドで新システムを試す余裕を見せましたが、猛追を食らって8点差まで追いすがられましたが60-52で初戦を突破しました。

3回戦は序盤から攻撃力が機能して1ピリオド終了で18-0と圧倒。後半は控えをフルに出して戦力を温存する余裕を見せての勝利。準決勝も接戦をしぶとく勝ち上がった相手に序盤は4点差で食らいつかれ、主力がファウル3回でベンチに下がり嫌な雰囲気がありましたが、逆に相手のリズムが狂いそこから速攻で一気に10点差をつけました。

ここからは時間を使いながら確実にボールを回してからポイントを奪い68-38と勝利しました。決勝戦は隣の校区の学校で練習試合も一緒に行っているチームでした。前半は打ち合いの様相で相手もしっかりシュートを決めてきてやや苦しんでいました。それでもシュート力の差が次第に出てリードを広げました。

後半は完全にペースを掴み、切り込んでのシュートや3ポイントを狙ってからのリバウンドと内に外に攻撃の幅が広がり得点を積み重ね78-44と松山市での優勝を決めました。11月に県大会が待っています。昨年は出られなかった大会ですが、強くなったメンバーがきっとやってくれることでしょう。