私も一度は行ってみたいと思っていました

友達の住んでいる街に新しいスーパーマーケットができました。チェーン店ではないそのお店は、評判も良く、私も一度は行ってみたいと思っていました。

先日、その友達の家に遊びに行くことになり、ついでにそのスーパーへ寄ってみようという話になりました。

初めて行くスーパーはとても綺麗で、広々としていました。目新しい商品が棚に並んでいます。私がよく行くスーパーでは絶対に見られないであろう高級食材も並んでいたので、一列一列じっくりと見学してきました。

野菜売り場にはドレッシングが並んでいます。カゴメやリケンなどのよくあるものではなく、瓶ごと飾りたくなるようなおしゃれなドレッシングです。

果物コーナーには、ジャムやゼリーが並んでいます。こちらも、ソントンやアオハタのものではなく、軽井沢あたりに売っていそうな素敵なお品です。見ているだけで、目の保養になりました。

ひと通り見てから、必要なものだけを買って帰りました。このスーパーは珍しいけれど、品物の価格は少し高く、毎日の買い物には向かないな…というのが私の感想です。でも、たまに来て変わった食材をチェックする分には、楽しくて良いと思います。このスーパーに、ぜひまた来てみようと思いました。

バッテリーって幾らが相場なの?

一昨日、車のバッテリーが上がったのかエンジンが掛からなくなりました。
JAFを読んで調べてもらったら、バッテリーの寿命が来ているといわれました。確かに新車で購入して5年が経ち、そろそろ6年目に入る車ですから。

仕方なくカー用品店にバッテリーを見に行きました。いろんな種類のバッテリーが置いています。
バッテリーの箱に「N-55」と書いてあり、その違うメーカーのを見ると「42B19R」と書いてある。この2つの違いってなんだろう?
店員に聞き、自分の乗っている車を伝えたら、これですね!と勧められたバッテリー。値段が1万5千円近い。。。高い。

こっちの安いのは?と、8千円位のバッテリーを指差しつつ質問すると、「それはアイドリングストップ車対応じゃないのでダメですね」と。
取り替えても動かないって事ですか?と聞くと、「動きますが、保障期間3年と書いてあっても、それよりも短い期間で寿命が来ます、お勧めしません」とのこと。
高い方を買わせたいからのアドバイスなのか、心の底からのアドバイスなのか。。安いものを買って、再びJAF呼ぶのもお金の無駄だし、安心を買うべきかと悩み、その場では買わず、帰宅。

ネットで調べていたら、店頭で1万5千円していたバッテリーが8千円で売られていました。安い、お店でみたのと同じメーカー、同じ型番。
即決で注文ボタンを押してしまいました。こんな買い方しているから、実店舗を持っている所の売り上げが厳しいのかと思いつつ、同じものなら安い方に越したこと無いと思ってしまう、貧乏精神が優先してしまう私。
さて、2・3日で届くから、届いたら交換作業に入らなくちゃ。

1月2日から3日に迄の箱根駅伝を観て思った事

1月2日の午前8時スタート野箱根駅伝を1月3日の午後2時頃まで2日間、テレビで応援して観ました。

何しろ、今年は、4連覇がかかっている青山学院大の事が気にかかり、最後迄観てしまいました。

予想に反して、まさかの2位での往路。東洋大学が往路優勝してしまい、1月3日の復路もどうなるのか本当にハラハラした試合振りでした。

でも、翌日の6区の小野田勇次選手(青山学院大)が、スタート開始10分程で、あっという間に東洋大学の選手を抜いてしまい、その後は、7区も8区も9区も安定した走りで、総合優勝を果たして、本当に嬉しかったです。

今回の戦いでは、選手対選手だけではなく、シューズ対シューズの戦いでもあったらしいです。

青山学院の選手は、ニットフット着法を取り入れた底の薄いシューズ、対する東洋大の選手のシューズは、底が厚く爪先からから地面に着くという走法を取り入れたもので、試合に臨んででいたのです。当に『陸王』その物。驚きました。

1月2日の往路は、後半山の神が現れると言われる登り坂があります。そこを難なく走れたのは、東洋大の選手達でした。それも、1年生が、5人中3人もいるという快挙です。これは、トレーニングを体幹からやり直すという試みをした結果、この新しいタイプのシューズに下級生達がいち早く馴染む事ができたのが原因していると言えます。

爪先から地面に着くという走法が、登り坂を楽に登れるという結果を生んだのも当然だったのかもしれません。

しかし、翌日の復路はそう簡単にはいきませんでした。従来の青山学院の日頃の練習の成果が、東洋大の優勝を阻むのに時間はかかりませんでした。

下り坂では、ニットフット着法の方が、足に負担を与えずに、楽に走れるのだと思われます。東洋大学の方のシューズでは、スピードがかかり過ぎて、バランスを崩しやすい体勢になってしまいがちだったのでしょう。

素人からの目線で物を言うのはここまでにして、まずは心から青山学院大の選手達におめでとうと言いたいです。

なんでも、『陸王』に出演していた竹内涼真君は、撮影の為に青山学院陸上部で走りの指導を受けていたのを後に知りました。

今回は、正に、ドラマとリンクした箱根駅伝だったのです。青山学院陸上部に皆さん、おめでとうございます。お疲れ様でした。

この日は仕事は休みでした。

この日は仕事は休みでしたがクリスマスイヴということもあり家族サービスをしないといけないということで1時間だけ時間をとり12キロ走りました。スタートからここ最近では調子はよかったので、それなりにハイペースでいきました。

それでも前半は足が重くきつい感覚で走っていましたが、呼吸は安定していたので、後半勝負できると思いながら走りました。前半風があったので我慢の走りとなったので中間点では調整走りより1分速い程度でしたが、折り返しで橋を渡るときに体が軽くなりスパートの体勢が出来上がり追い風に乗ってグイとペースが上がりました。

そして気持ち的にも乗ってきていい走りが出来るようになりました。終盤もいい流れで走行でき、翌日には疲れはあまり残したくなかったので、スパートは抑えていきましたが、余裕ある走りで最後は福岡国際マラソンで2時間7分台を出した大迫選手の走法でつま先に体重をかけるフォアフット走行でいき、さらに腰位置を上げて力を入れずにペースアップを図り12キロを56分22秒と8分の力でこのコースではベストタイムをたたき出しました。体調はまだまだ完全ではありませんが、1時間を余力を残して走りきりました。

愛媛マラソンまでは時間はありませんが、あと2時間走れる体を作っていきたいと思います。

メル友さんから良いもの聞きました

今日の関東地方は、よいお天気ですが寒いです。

最高気温10度、最低気温が3度くらいです。

最低気温が一桁だなんて寒すぎです、冷え症の女性にはツラすぎます。

そんな寒さなので、室内で一日中ずっと暖房ガンガンで過ごしています。

いつも疑問に思うのですが、冬の寒い時期は自室でも寒い気がします。

室内で暖房をガンガンつけていても、まだ寒いのです。

家中の窓もドアもガッチリ閉めているはずなのに、なぜでしょう。

そんなことを思いつつ自室で寒さに震えていたら、メル友さんからメールが来ました。

アラサーの女性で、出会いイベントが好きな人です。

今回も出会いイベントのお誘いかと思ったら、少し違いました。

「インターネットの出会いサイトで、よいのが見つかったの」

えっ、ネット上の出会いサイトですか。

見ず知らずの人とメールとかするんですよね、不安じゃないですか?

「いいえ、このサイトは実際に良いと好評なの」

そのサイトは、サクラではなく普通の会員が多数いるそうです。

安心してメル友や恋人を探せると、男性にも女性にも人気とのことです。

サイトの名前を聞くと、ASOBOだそうです。

いえ、私は特に出会いを探してはいないのですが。

「あなたにも良いサイトよ、占いコーナーもあるから。

しかも、よく当たると好評なのよ」

えっ、占いコーナーは興味あります。

私も登録しようと即座に決めました。

京都人の真実

今京都では、2020年の東京オリンピックに向けて外国人観光客をたくさん招き観光してもらうためにホテル増築が進んでいます。

先日、確か三日前ほどの京都新聞で一面に載ってました。

もともと、京都には建物を建てる際に高さ制限を設けており、ホテル向きというよりかは、旅館を建てる方向性が強かったように思えます。

私は今左京区に実家があり(私本人は東京にて大学生)ホテル増築が進んでいるなと実感したことは無いのですが、記事になっているからにはそういうことなのでしょう。

当然、高さが制限されれば横に建物を広げなければいけない。一室が高くなるとなかなかお客さんも集まりません。

要は点々と建物が建ちつつある状況なんです。それに対して、住民は迷惑がっているようです。

確かに、普通の道路工事でさえうるさい。ましてやホテルなんて。

でももし旅館が古都をイメージする旅館ならば、京都人たちは多少のうるさは我慢します。

他府県の人は京都といえば、みんなガイドブックに載ってる街並みをイメージします。

それはそれで結構。だって、ただの住宅街の京都なんて想像したくない気持ちも分かります。

しかし、ただの住宅街にもし古都風の旅館が建てばそこに住んでいる京都人たちは「私はこんなむかしながらの旅館がある近くに住んでんねん。」ってドヤ顔で他府県の人に自慢できます。

京都の人ってそういう性格なんです。ただ、建物を建てる業者の方は法律は守って建設してくださいね!

飛蚊症を治すことはできないタイプか

俺は近頃、目の前に虫が飛び回っているのをよく見ている。そのことが気になっていたのですが、ある日、新聞紙にそのことが載っていました。それは、飛蚊症についてのニュースでした。
飛蚊症は、まさに単語のごとく目の前に蚊ものの虫が飛んでいるように見える目線の病のことです。
人の眼球のインナーは卵の白身ものの硝子カラダはで満たされてあり、こういう硝子体の中の繊維や細胞が光の遠慮で面影を作り、網膜に思えるために虫が飛んでいるように感じるのだそうです。
特に近視の人類は眼球が長いパターンがあり、その分硝子カラダ部に空洞ができ易く、その空洞の縁故に繊維などが固まるので、飛蚊症が起き易くなるそうです。生理的に起こる飛蚊症はケアに必要もなく、姿も改善することはないそうです。
 ただし、中には網膜剥離や網膜裂孔位、施術が必要になってくる場合があるので、注意しなければならいとのことです。ただほとんどの飛蚊症はすぐに失明するモウマンタイようです。
 こうした組み立てでしたが、目線の目線に虫かほこりが常に飛び回っていらっしゃるような感じは、大変に不愉快ものです。なんとか直すものはないのかと思いました。ただし失明やるモウマンタイとのことで、意思にはしていますが、眼科をめぐって診てもらう意思にもなりません。売り買いが慌しいので、いくお忙しいというわけをつけて、行かなくなっている。

私の最大の敵?味方?冬期の体力強化期間

今日は部活を通してきました。19時からのスタートで3時間みっちりだ。
体力強化期間ですことと、久しぶりの運動であったこともあり、かなり疲れました。競技をしていない間もずっと走っていなければならなかったのです。
こういう歳になると多少なりとも運動しなかったら各段に体力が落ちるのですね…定期的にトレーニングしなければと改めて思いました。
偉そうなことをいうようですが、どんなに辛い練習も乗り越えたときは精神的に成長したなと見える気がします。すぐに実力的に目に見えて上達することはなかなか難しいですが、精神的な成長は内面で成長したと実感することができるので、次の練習も頑張って乗り切ろう、といいモチベーションになります(私の場合は)。
今までは精神的な成長は周りの人にはなかなか見えないものなのでひどい、と思っていました。けれどもやっぱり周りから見て成長したなとわかってもらえても自分がそう感じていなければ意味がないというか…とにかく、私は自分の成長が実感できることが望ましいのです。もちろん実力的成長も感じられたらかなり嬉しいです。今部活は週に4回あって次は火曜日だ。それまでにこういう筋肉痛をなんとかしなければ…!運動した方が筋肉痛は速く癒えると中学生のときの部活の顧問に教わったので程良く運動しながら次の練習に備えたいと思います。

ワイドナショーでの松本さんの発言にはがっかりしました。

今日の「ワイドナショー」にはがっかりです。問題となっている大相撲について、まっちゃんには協会を恐れない発言をしてくれるものだと思って期待していましたが、全く逆。「土俵以外で暴力がダメというのは無理がある。稽古と暴力はグレーで、そこで強くなる力士もいる」ですって。

うん?暴力OKということ?かわいがりがあって当然ということ?今回は稽古ではありませんよ。酒席の席での暴力ですよ。けがをしているのですよ。この人、時々視点がずれているとは思っていましたが、今回は本当にがっかりです。松本さんは相撲が好きみたいですね。隣りの局でも相撲好きな西川史子さんが今回の件を擁護している発言をしてました。

貴乃花親方だけを責めているような感じで。相撲には興味がないからいいのですが、今回分かったことは相撲好きな方は、こんな大きな問題になってほしくなかったこと、このくらいいいじゃんって思っている方が多いということです。問題を大きくした貴乃花親方のことを責めている人ばかりですよ。

なんだか変な世界。万歳三唱を喜んでいるあの会場にいた人たちとか皆さんの感覚がずれていることに驚きます。まあ、その中で相撲好きなのにまともなことをおっしゃっているやくみつるさんは別ですよ。もう、この問題どちらでもいいのです。ただ、国技と言うのをやめてほしいし、税金を使わないでほしいです。それだけです。公益財団法人というのをやめて下さい。