今日はチキン南蛮を作りました!

今日は、昨日シチューで使った残りのモモ肉を、チキン南蛮にしました。私は最近タルタルソースを作るのが好きで、(自分がタルタルソースが大好きなので)よく作っています。作り方はとっても簡単で、玉ねぎをみじん切りしたものとマヨネーズとゆで卵をあえるだけなんです!あと、ちょっとだけ牛乳とパセリも足せば、完璧なタルタルソースになるので、はまっています。

南蛮漬けはいろいろな作り方があるのですが、私の場合は酢やしょうゆや砂糖の調味料を作ったものに一晩肉を浸しておくことが多いです。でも今回はそれが出来なかったので、そのままつけて作りました。家族に好評で、「また作って!」と言ってくれます。

これは、図書館で借りた本を見て作ったのですが、結構簡単に出来るので得意料理の中の一つに入っています。あとはお味噌汁を作ったのですが、こんにゃくを入れてお味噌汁を作りました。こんにゃくはおなかの掃除をしてくれるので、時々入れています。

子供もこんにゃくの感触が好きみたいで、味はあまり好きではないみたいですが、感触がいいので食べてくれています。あまり好き嫌いのない子に育てたいな~と思っているので、もう少し栄養になるものの献立を考えて行けたらと思っています。

今日怠くて休んでしまった!(涙)

こんばんは?今日怠くて会社を休んでしまったよ

雨が降ってるときは最近身体が悪いね!

気持ちの問題なんだと思うけどね

日産の社長がやめるみたいですね16年ぶりに交代されるみたいで今度の社長は日本人がなるみたいですね

どんな人なのかちょっとだけ期待ですね(*^_^*)

昨日は小嶋陽菜の卒業まつりが開催されたみたいで元メンバーも

参加したみたいで盛り上がったんですね見たかったなぁ?

どんどん居なくなるとなんか寂しい気持ちになりますねm(__)m

でもこれからも頑張って欲しいと思います

自分の中ではモデルさんなので活動されることを期待してますではまた後で書きますではまたねバイバイ?(*^_^*)

お腹空いてきたよ(涙)。

日差しに当たりながら聞くチェロ曲

精神科の作業療法に行きました。

ヨーヨーマのCDがあり、ラジカセで聞かせて貰いました。

個人個人好きなことをするのでヘッドフォンをして聞きます。

気持ちを楽にするチェロでした。

サンルームのような日差しに当たりながらベンチで聞いているのは、今思うと極楽だったようにも見えてきます。

聞きながら家でも聞きたかったのでスマホで配信サービスから購入をしていました。

家以外の場所では緊張してしまうのですが、ああいう音楽を聞いていられたことはその緊張する習慣をほどいてくれるヒントかもしれないと思えます。

また、行った時には聞いていたいです。

休憩時間にはコーヒーも出してもらえました。

活動できる時は活動するのがよいことだとは思いました。

視野が広がり楽になります。

猫と壁紙と私の話だ、きいてくれ

私と家族がこのアパートに引っ越してから約一年経つ。

隙間風が吹き荒れ、埃っぽいボロ家から一変。

新築で防音設備完璧の綺麗なアパートへ猫2匹を連れて、我が家はやって来た。

借家で猫を飼う上でよく問題視されるのが『壁紙ガリガリ』だろう。

猫は習性から「爪を研ぐ」という動作をよくする。しかも、どの場所ある場所ところ構わずやってしまう。

うちの猫野郎どもも例外ではない。

うちには2匹の猫がいる。

デブ猫【エルモ】小デブ【クッキー】である。

5歳離れているが2人は仲の良い親友なのだ。

寝る時、食べる時、遊ぶ時…常に一緒だ。もちろん悪さをする時も、である。

母の育てた観葉植物は毎日味見程度に食われ、妹が大好きなスルメの袋には大抵歯型をつける。父の美しい黒の制服の上で大股広げて昼寝をし、私のお気に入りの鞄には糞を入れる。

家族に何か不満があるなら教えてほしいものである。

その中でも特に酷い悪戯が『壁紙ガリガリ』だった。

コロッと話は変わるが、うちの猫達は前の家で壁に爪とぎをする事なんて一度もなかった。

爪とぎは爪とぎダンボールでちゃんとしてくれた。

それが引越ししてから急におかしくなったのだ。

「ニャンだ?この感触は!ダンボールより楽しいニャー!」

長い間飼っていると猫の表情も分かるものだ。

綺麗な白壁にガリガリと遠慮なく爪を立てる猫達の目は確かにそう言っていた。

やめさせないと…と思いつつ、気付けば私は微笑ましく猫達の楽しそうな姿を見ている。

というわけで、猫の悪事を見逃してしまう私の情けない話でありました。

胃カメラの検査を受けてきました

もう何十年も前に胃カメラの検査を受け、とても苦しい思いをしました。

二度と受けたくないと思い、胃の検査は職場のバリウム検査で終わらせていました。

しかし、昨年、胃腸の調子が悪くなり、検査を受けざるを得なくなったのです。

結果、ピロリ菌が発見され、除菌治療を行いました。

除菌後、毎年の胃カメラ検査を義務付けられました。

ピロリ菌というのは一度除菌しても再発する可能性があるのだそうです。

そう言われても、毎年受けなくてもいいのではないかと思っていました。

ところが、同世代の友人が肺がんで亡くなったこともあり、家族から医者が受けるよう言っていたのであればきちんと検査を受けたほうが良いのではと促されました。

自分が最初に行った胃カメラ検査はカメラがまだかなり大きくて、口から入れるタイプでした。

その苦しみのおかげで、長年胃カメラ検査を避けていたのです。

最近では鎮静剤を打ってくれる病院があると聞き、ネットで探してみました。

幸いなことに、職場の近くに鎮静剤を使用して検査をしている病院がありました。

胃カメラ検査の当日は朝から絶食です。

まず、鎮静剤の点滴をしながら、胃をきれいにする薬を飲みます。

鼻をきれいにするスプレーのようなものを吹きかけられて、7分ほど待ちます。

検査のための検査台に仰向けになり、鼻からゼリーを流し込まれます。カメラの通りをよくするためです。

鎮静剤だと思っていた点滴は鎮静剤ではなかったようで、意識はしっかりしていて、まったく眠くなりません。

医者が来て「眠くなりませんか?」と聞かれました。

「全然眠くありません」と答えたのが最後でした。

次に気が付いたときには検査が終わって、自分はベッドで寝ていたのです。

痛みも苦しみもなく検査が終了したのです。

今年は異常なしで終了しましたが、やっぱり来年も受けるようにと釘を刺されました。

異常がなければいいんです。しかも苦しい検査は気を失っているうちに終了しているのですから。

鼻から流されるゼリーが気持ち悪いとか、カメラを入れる前に鼻の穴に刺さされる管が気持ち悪いなんて些細なことです。

1年に一度受けていてれば早期発見にもつながります。

自分は大腸内視鏡が2年に一度の検査を義務付けられています。

せめて、2年に一度にならないものかと思うんですが・・・。

職場には1年前にピロリ菌が発見されて、除菌治療を行わずそのまま放置しているつわものもいます。

それから比べたら、1年、期間を明けて検査を受けるくらいまだまだ可愛いですよね。

と言っても、医者に言われたらそうしなければいけないと思って毎年受けてしまいそうです。

筋トレの成果とモチベーション維持の結果

私は10年前からにトレーニングを開始して2年後に行き詰ってしまいました。基本的に、始めてから2.3年はゆうに筋肉量は増えますからね。私の場合は基本的には、食事方法を怠っていたためすぐに自身の限界を悟りました。どうしても伸びない私は招待してくださった仲のいいトレ仲間の夫婦に原因の究明をお願いしました。トレーニング量も同じの私とほぼ変わらない夫くんはなぜ筋肉量が伸びているんだろうと。まず基本的に教えられたことはフォームチェックと自己管理です。フォームチェックはおじさんたちに見てもらいました。

年を取るにつれて見栄っ張りということも経験的に心得ていたため簡単な調整は教えていただきました。次に自己管理です。実は自己管理はミソがあり、必ず独身の方が陥る一つの原因です。(家族持ちはケチるここで躓かない可能性大)独身の方は食欲に負け過剰に摂取しています。また、バランスの悪い食事になることが統計的にも出ているので、すぐに限界が来てしまいます。そこで、私は夫婦の奥さんに相談したところ一日の食事の回数を増やし、一回当たりの量を大幅に減らすこと、プロテイン摂取を極力抑えることを提案されました。それなら、独身の方でも簡単に用意できますし、無理なく空腹期間を抑え、筋肉量を減らされなくて済みます。この一日の食事管理により、劇的に伸び、某ボディービル大会で6位入賞までできました。

ホットヨガでほかほかデトックス~♪

最近始めたホットヨガ。

私に合っていたようで、家事の合間を縫って週に三回ほど通っています。

毎回スタジオに入るたびにむわっとするほどの熱気に期待が高まります。

実際にレッスンが始まるときついと言えばきついんだけど、汗がだらだらっと信じられない勢いで垂れるのを見ると、

なんだかアドレナリンが出るというか、なんとも言えない満足感があって癖になります!

今まであんなにたくさん汗をかいたことがないから、えっ汗ってこんなとこからも出るんだ!?ここに汗かくとこっちに流れてくるんだ!?

なんて変な発見があったり。

今はとくに寒いから、マメにホットヨガに通って、体内深部をあったか~く保っておきたいところです。

レッスン中、終わったあとは、たっぷりの水分補給を忘れない!

まだまだ認識の低い似顔絵検定を受ける

昔は絵に全く興味がなく、絵心も全くなく、描ければいいや、下手でも全然気にしない。だって絵に興味ないし。

という考えで学生時代を過ごしていました。

結婚し妊娠中に特にやる事も無かった為、何かないかなぁと色々考えていた時に、友人がパソコン買い換えるからあげるよ。と言われ、いただきました。

それから色々とネットで画像などを調べていると、似顔絵や、オリジナルのイラストに目がいきました。

妊娠中の暇な私はネットでペンタブレットを購入してパソコンでイラストを描くようになりました。

ずっとオリジナルのイラストでしたが、なかなかの出来だったのか友人から似顔絵を描いて欲しいと言われることが多くなり描くことが多くなりました。

上手いよ!と言われる事数年、最近では似顔絵検定というものがあると知り、早速受けてみようと思います。

今まではデジタルでしか描かなかったですが、似顔絵検定を受けると決めてからコピックで描くようにして練習しています。

年末買い出しが復活する日も遠くないかもしれません

24時間365日無休営業と、どんどん過剰なサービスに進展していった小売・飲食業。

しかしここにきて、過労による事件事故が多発し、企業も営業形態の見直しを迫られています。

そんななか、深夜営業や正月3元日は営業しない方針を打ち出す企業も出てきました。

確かに一度便利な思いを味わってしまうと、そのサービスが終了した際なにやらえらく不便になってしまう気がします。

しかし、深夜営業や正月営業がなくなると、生きていかれないほど重大なことになるでしょうか。

そんなことはありません。ほんの数十年前までは当たり前だったことです。

もし正月営業をしない店舗が増えれば、昔のように年末に正月用品を買い込むなんて風習が復活するかもしれません。

ああいうイベントを楽しみにしていたころが懐かしいです。

ぜひまたそういう世の中になってほしいですね。働いている人も正月はほっとひと休みできたらいいなあと思います。