バナー広告に規制が入るとのこと

バナー広告に規制がかかるらしい。

バナー広告とはスマホでサイトを見ている時に下に引っ付いていたりする広告のことである。ただ下に引っ付いているだけでも、そのサイトを見たい時にかなり視覚的に邪魔なのだが、スクロールしようとすると指が当たってその広告のサイトに飛ばされるなどかなりの迷惑な広告形態だ。

今回規制されるのはその中でも悪質なバナー広告らしい。オーバーレイと呼ばれ、はじめは透明だったものが浮き上がってきたり、スクロールに引っ付いてくるものが規制の対象とのこと。

広告がサイトに埋め込まれているのは、仕方ないことであると分かっているのだが、サイトを見ている人達をイラつかせるような広告は果たして利益にどれほど繋がっているのだろうか。サイト中を引っ付きまわってくる広告を打ち出す会社に対してあまりいいイメージを持たないし、こう思うのは自分だけではないと思う。スクロールするたび誤タップするように仕向けられ、その広告のサイトに何度も飛ばされでもすると、絶対にここの会社とは関わるものかという気持ちにもなる。

実際この規制がどこまで迷惑なバナー広告に対応するのか分からないが、早く快適にスマホでネットサーフィンができるようになることを望む。また広告を打ち出す側も無理やり仕向けるのではなく、好意的にそのサービスなりを利用してもらえる広告を作ってほしいものだ。

新入社員歓迎会と送別会

新入社員歓迎会と送別会が合同であって、行ってきました。

一人五千円の会費で、おすし屋さんでした。

もちろん、その中に移動で他の事業所に行かれる方の花代も込みです。

しつこいけど、歓迎会と送別会です。

なぜ、お寿司が回ってる所を選んだのでしょうね。

事前に良く食べる男性社員の人にはお皿の枚数を指示していました。

たしかに参加の人数が少ないのは、わかっています。理解しています。

でもテーブル席を5席を使っての歓迎会・送別会は初めてです。

それもビックリで、予約もしてなかったので外で待つこと30分です。

その後さらに驚くことに席がバラバラなのです。

怒るとかそんな感情ではなくて、笑いが込み上げてきました。

近くに焼肉の食べ放題なんかもあるのに、どうしてここを選んだのか不思議でした。

気になって仕方がなかったので、お昼休みに幹事の方に聞いてみました。

「長い時間いるのも苦痛になるだろうし、あまり話す事もないと思ってあそこにした。

 みんな飲まない人ばっかりだしね。回転寿司なら出てくるのも早いからね」

との事でした。それを本人にも伝えたと言うのだから、さらにビックリ。

入社一年目にして始めての幹事だったのですが、発想がすごいと関心すらしました。

そんな話を家でもしてたわけで、回転寿司での開催でもビックリだけど、5000円の会費に

驚いた意見が多かったです。

そこを気にしないと駄目だったのね。

美文字ってどんな人の事?

美文字の人ってどんな人?

そもそもどうして文字は綺麗なほうがいいのでしょうか。

字は人を表し、心が表れると言いますよね。

書の道も絵画も芸術に分類されます。

美的センスが長けている人は、字も芸術と捉えているので美意識が働いて綺麗です。

これは感性の問題ですから、ファッションセンスや身なりにも影響してきます。

字が綺麗な人は身だしなみも整っている人が多いようです。

他人への気配りのうちには理解しやすく物事を伝える必要がありますが、汚い字ですと内容が解りづらく、とても不快な印象を受けます。

どういった内容が記されてあるのか理解するまで時間がかかり、物事の停滞にも繋がり兼ねません。

これでは受け取り手も困ってしまいます。

ですから綺麗な字を書ける人は他人への配慮も出来る人だとも言えますね。

色々と考えてみてもやはり美文字は言い事ばかりな気がします。

男性からみても字の綺麗な女性は魅力的に見えるでしょうから、意識して美文字になりたいものですね。

字が汚いとその人まで不潔なイメージが付いてしまいます。

ですから日々、字の練習をした方が良いですよね。

三日坊主にならないように頑張ろう。

春休み期間だけど仕事ガツガツやってる感じです

ただいま、春休み期間なのですが、ありがたいことに仕事が立て込んでおりぼちぼちと仕事をしているところ。今のうちにやっておくことで、新学期が始まるときにハッピーになれるかなぁなんて思っているところです。

本業の作業と同時に、今やっているのが副業の営業ですね。投資のために原資を稼ぐために始めたものなのですが、割と副業の方がうまくいっていて、お小遣いがしっかり稼げているのがありがたいな〜と思うところです。

本業の収入が頭打ちなので、その意味では副業で稼げるっていうのは本当にありがたいって思います。不安定な状況は辛いですが、それを乗り越えてこそ幸せが待っているのかなって思うところですね。

今は春休み期間でいわゆる不要なものを断捨離もしたりしてて、仕事の業務っていうのもその一環かなって感じていたりします。今やっておけば実際4月になったときに楽になるだろうし、もっと稼ぐ方法とかも見つかるかなって思うので、今の苦労は将来のための投資って思っています。

かなり予定的には辛いですが、ゴールデンウィークに遊ぶ予定も入れているので、心置きなく遊べるようにこの3月から4月は頑張りどころかなぁなんて思っているところです。職場に人が少ないので作業も捗ってそういうところもいいな〜なんて思っている昨今です。

花開く歌声

私はオペラ歌手をしている。

本業は演奏活動ではあるが、発声や歌を教える仕事も平行して行なっている。

プロ志望から趣味、音痴を治したいという方まで、あらゆるニーズの生徒さんたちと関わらせていただいている。

年齢層も様々で、10代の学生さんから中堅世代のサラリーマン、60代以上の方々も私の生徒である。

自分が音楽というものを生活の中心に置いて毎日を過ごしていることもあり、まっさらな気持ちで音楽を聴いて楽しむ、ということができなくなっていると最近しばしば感じる。

歌は日頃の努力の積み重ねで上達するものであるし、『完成』『完璧』といったような明確なゴールもないので、自分自身が毎日学び、悩んでいるという事実もある。

そんな中、最近では自分の生徒さんたちが人前で歌う機会が増えてきている。

1年前は全く声が出ず、音域が狭いため歌うということを苦痛に感じてしまっていたと相談して下さった方々が、堂々と自分の声を歌をお客さんに伝えている。

私は出来る限り、生徒さんたちの本番は見届けに伺うようにしている。

普段のレッスンでは得られない経験を、今まさに積んでいる彼らの姿を見ていると、自分も負けていられない!もっと頑張ろう!と力を付けてもらえるような気がする。

今は3月。春がもうすぐやって来る。

みんなの歌声も花開く時間を目指して、それぞれの道に進んでもらいたいと思う。

フルーツパウンドケーキを作りました!

昨日は1日空いていたのでお菓子作りをしました。私はお菓子を作るのが好きなので時々こうしてお菓子を作ります。作ったものは家族に食べてもらったり、友人に配ったり。自分自身甘いものは大好きなのでもちろん自分でも食べます。

今日作ったのはパウンドケーキです。この間テレビであるお店のパウンドケーキを紹介しているのをみてからずっと食べたかったんです。今回作ったのはドライフルーツを入れた、洋酒のパウンドケーキです。詳しい作り方はここでは省略させてもらいますね。レーズンやベリー、パイナップルなんかが入ったパウンドケーキは断面もカラフルで見た目にも楽しいですよね。洋酒はラム酒を使用しました。ラム酒を贅沢に入れたので食べる前からお酒の良い香りがするんです。生地はふわふわしっとりとしていて、食べるとフルーツの甘みとラム酒の香りが口いっぱいに広がるパウンドケーキ。自分で言うのもなんですが、とても美味しく出来たと思います。

作ってから気がついたんですが昨日ってホワイトデーでしたね。せっかくのホワイトデーなのに、自分でケーキを作って食べてるのって少しさみしいような…(笑)

でも美味しかったから問題なしですね!配った友人にも好評だったのでまた作ろうと思います。

改めてスケーターを尊敬しました

普段からフィギュアスケートを見るのが好きですが、先日の平昌オリンピックを見ていた小学1年生の娘が「スケートやりたい」と言い始めました。けれど、私の住んでいる地域で一番近いスケートリンクは車で2時間ほどのところにしかありません。でも、息子も珍しくやってみたいというのでとりあえずスケートリンクに遊びに行くことにしました。スケート靴もヘルメットも借りられるので手袋だけ持参してスケートリンクに行きました。

私は大学生の頃に体育でスケートが選択科目だったために何度かスケートをしたことがあったのですが、私以外はみんな初めてでした。私も約20年ぶりぐらいなので久々に滑って最初はヒヤッとしました。でも、意外とすんなり滑ることができました。その隣で主人はへっぴり腰になり小鹿ちゃん状態。娘と息子は途中からコツをつかみちょっとずつ滑れるようになっていました。

休憩をはさみながら2時間半ほど滑りましたが、なかなか難しいものでした。滑るだけならまだしもジャンプをしたりスピンをしたり片足を上げて片足で滑ったりするフィギュアスケート選手を改めてすごいなと感心しました。さらに優雅な表情で滑るって至難の業だなと感じました。

冷凍のパン生地って侮れないです

製菓製パン材料の専門店でパン生地のセールが行われています。

来週あたり注文をしようと思っているのですが、冷凍のパン生地ってそんなに美味しくはないと思っていました。

自分でもパンを焼くので、手作りにかなうわけはないだろう、と思っていたのです。

しかし試しに購入をした時にビックリしました。

凄く美味しかったのです。

時間がなくてパンを焼くことができないという日には冷凍のパン生地ってとても便利だと思います。

特にクロワッサンは美味しいと思います。

クロワッサンを手作りしようと思うとかなり大変ですし、時間もかかります。

どうしてもバター多めのパンという感じになってしまいます。

失敗率が高いので数えるくらいしか作ったことがないのですが、冷凍のパン生地であれば自宅でも焼きたてのクロワッサンを食べることができます。

これはとても嬉しいことだと思います。

冷凍だからと思ってあまり期待していなかったのに、こんなに美味しいなんて、とビックリしました。

セールであれば出来るだけ購入をしようかなと思います。

セールではないとちょっと高いような気がするので、定価ではあまり購入をしません。

あとは冷凍庫の状態なのかなと思います。

入れるスペースがない時には購入は控えています。

好調のレスターを襲うまさかのお家騒動

イングランドのプレミアリーグに所属するレスターシティー、2015~2016シーズンの奇跡の優勝から一転し翌年は降格争いを演じての残留、そして今シーズンは現時点で8位と上位を狙える位置につけていますがここに来てまさかのお家騒動が発生しました。

レスターsの優勝にも大きく貢献し、今やビッククラブからも引く手あまたとなっているリヤド.マフレズ選手が自身に移籍を巡り練習ボイコットしたのです。

事の発端は昨年の夏、マフレズ選手移籍をクラブ側が容認、しかし結局のところ移籍金の方で折り合いがつかず、夏は残留して冬の移籍を目指す方向でした。そして冬の移籍マーケットでもマフレズ選手には多くのオファーーがありました。特に大きかったのはプレミアリーグ屈指ビッククラブであるマンチェスター.シティーしかしチームは移籍金の折り合いがつかずにそのオファーを拒否その事にマフレズが反発して練習のボイコットとなりました。

ちなみに今シーズンのマフレズ選手は開幕から好調をキープ、チームには欠かせない選手となっています。マフレズ選手にしては移籍はしたいものの、ここ数年のレスターと言えばプレミアリーグ制覇の翌年にしては初参戦となったチャンピオンズリーグでのベスト8進出、徐々に強豪チームへの階段を登り続けているチームとしてどうしても手放したくなかったのでしょう。